事業紹介

WILL工法

本工法は、形状が斜めのリボンスクリュー型攪拌翼を用い改良土を上下左右に揺さぶるように攪拌混合すること(揺動攪拌)で、所定の強度を有し均一性の高い改良体の構築が可能である。また、対象土質に応じてT型攪拌翼と箱型攪拌翼の2種類を使い分けすることで幅広い土質に対応可能である。これまで締まった砂質地盤等においては、攪拌装置直下の掘削ができず貫入が困難であったが、特殊掘削補助装置(ブーメランプレート)を装着することでこの問題を解消し、N値40未満の締まった砂質土地盤・砂礫地盤にも対応可能とした。 改良体の品質および出来形確保のための専用管理装置は、「深度・瞬時流量・積算流量・回転速度・積算回転数・攪拌装置掘削角度・攪拌翼の軌跡および連続攪拌時間」がリアルタイムに管理することができる。また、既改良部と未改良部とに色分け表示する攪拌翼軌跡のナビゲーションシステムにより、さらなる品質管理の信頼性向上を図ることを可能にした。
固化材はスラリー状で、かつ、高圧噴射やエア噴射を伴わない低圧注入を標準としていることから、粉塵の飛散・周辺地盤の変位・地下水等への影響が低減される。また、攪拌翼が先端部に装着されていることやベースマシンに小型機を用いることから、改良時の騒音・振動についても軽減される環境負荷低減型工法である。

特 徴

土質に対応した撹拌翼を選択可能です。

 

施工能力と適用範囲

WILL工法の施工機械と適用土質の関係は下表のとおりです。

施工深度および適用土質

ベースマシン 最大改良深度 適用土質
粘性土 砂質土・砂礫※1
0.8㎥クラス 5.0m N<10 N<30
1.4㎥クラス 10.0m N<15 N<40
13.0m※2 N<10 N<20

  • ※1 砂礫はΦ100mm以下を標準とするが、礫率等を考慮する必要有り。
  • ※2 改良深度10m以上については現場条件を考慮する必要あり。
  • ※3 最大改良深度4m以下については0.5㎥クラスベースマシンによる対応も可能。

WILL工法施工状況(福岡県)