事業紹介

地盤改良工事

  • WILL工法

    WILL工法(スラリー揺動攪拌工法)とは、バックホウタイプベースマシンの先端に取り付けた特殊な攪拌翼より、スラリー状の固化材を注入しながら、固化材と現位置土を強制的に攪拌混合し、安定した改良体を形成する工法です。

    WILL工法

    詳細はこちら
  • MITS工法

    MITS工法とは、同一機械構成からなる中圧(硅砂)噴射流体切削攪拌方式のQSJシステムと中圧噴射攪拌方式のCMSシステムを単独もしくは、組み合わせて施工する地盤改良工法です。

    MITS工法

    詳細はこちら
  • マルチジェット工法

    地震(液状化)対策、護岸補強、耐震補強工事に伴う地盤改良など、巨大地震に備え液状化対策や耐震補強を実施する事例が増加しております。 これらのニーズの高まりに対応すべく、工期短縮・高品質に寄与する地盤改良工法がマルチジェット工法です。

    AMP工法

    詳細はこちら
  • フローティング基礎

    浅層改良層(スラブ)の下に柱状改良体(コラム)をフローティング形式で一定長または階段状に構築する道路工法です。盛土道路の沈下抑制、構造物接合部での段差緩和、振動・騒音の低減、さらに地盤環境への影響を少なくすることができます。

    フローティング基礎