事業紹介

浄化対策効果の確認(モニタリング)

当該指定区域において土壌汚染に起因する地下水汚染の状況を的確に把握できると認められる地点に観測井を設け、環境大臣が認める方法により当初1年は4回以上地下水を測定します。2年目から10年目までは1年に1回以上地下水を測定し、浄化基準を10年以上超えない場合の11年目以降は2年に1回以上定期的に地下水を採取します。