事業紹介

油汚染対策

油汚染は、土壌汚染対策法とことなり、環境省油汚染対策ガイドラインにより、調査・対策が進められます。
下表はその比較表です。

土壌汚染対策法と油汚染対策ガイドライン

名称 土壌汚染対策法 油汚染対策ガイドライン
目的 人の健康被害の防止 生活環境保全上の支障を除去
対象物質 鉛・砒素・トリクロロエチレン等の特定有害物質(25物質) 鉱油類:ガソリン・灯油・軽油・重油等の燃料油と機械油・切削油等の潤滑油
調査の契機 ・特定施設の廃止時
・都道府県知事が命令
・土地所有者等が油膜を発見、油臭を感知した時等
基準値 指定基準、地下水基準 個別の土地毎に判断
特徴 法で定められた調査方法 個別の土地毎に人の感知で油臭・油膜を判断する。

※土壌汚染対策法では、人の健康の保護が目的であり、油臭・油膜といった油汚染問題は対象としていません。ただし、鉱油類に含まれるベンゼンは、土壌対策法の特定有害物質として調査及び対策を行うことが必要です。



油汚染の対策は、土壌汚染対策と同様に掘削除去・揚水対策・バイオレメディエーション工法などが採用されてきました。
しかし、コストが高いことや浄化が長期化することが多く大変苦労しています。
当社技術のキングパウダー工法は、機械攪拌工法により原位置で混合浄化することで、短期間で確実に浄化することが可能になりました。