事業紹介

土壌・地下水汚染対策技術

平成15年2月に施行され、平成26年4月に改正された「土壌汚染対策法」に基づく土壌地下水調査・対策を実施しております。
  • VOC対策

    バイオ浄化・地下水揚・水掘削処理対策・化学分解
    地質条件、現場条件に適した対策工事を提案します。

    VOC対策

    詳細はこちら
  • 油汚染対策

    掘削除去・揚水対策・原位置混合処理 バイオレメディエーション
    油の分布状況・種類により現場条件に適した対策工事を提案します。 原位置攪拌により短期間で確実に浄化可能なキングパウダー工法は、ベンゼン汚染や油膜・油臭・TPHに効果が期待できます。

    EDC注入工法

    詳細はこちら
  • 重金属対策

    地下水揚水・封じ込め対策・固定化・不溶化対策・掘削処理対策・バイオレメディエーション
    重金属対策においてもバイオレメディエーションや不溶化対策を実施しています。

    重金属対策

    詳細はこちら
  • 浄化対策効果の確認
    (モニタリング)

    当該指定区域において土壌汚染に起因する地下水汚染の状況を的確に把握できると認められる地点に観測井を設け、測定します。

    浄化対策効果の確認(モニタリング)

    詳細はこちら