事業紹介

可塑状グラウト工事

近年、既設構造物の補修のニーズが高まっています。護岸・法面・トンネル等の構造物背面は経年により空洞が生じていることが少なくありません。
当社ではこのような構造物背面の空洞対策として、特殊なグラウト材(可塑状グラウト材)を注入して充填する工事を行っております。
  • Wフィルグラウト工法

    護岸・トンネルなどの構造物背面の空洞には水を伴うケースが多く、耐水性のグラウト材が望まれています。 そのような中で開発されたのがWフィルグラウト工法です。特に水中では、その特長を充分に発揮します。

    Wフィルグラウト工法

    詳細はこちら
  • スラメント工法

    スラメント工法は、スラグを主成分とした可塑状グラウト注入工法の一つです。
    従来のスラグ−石灰系の特性を生かして、A液・B液共に非硬化性に組み替え、水ガラスと粘土鉱物の二種類の可塑剤を用いた二液等量注入方式となっています。

    スラメント工法

    詳細はこちら
  • ケミハード工法

    ケミハード工法は、コンクリートと同等の強度を有する耐久注入材(セメント系2液性グラウト)を使用した空洞・空隙充填工法です。

    ケミハード工法

    詳細はこちら
  • エアパック工法

    エアパック工法はエアモルタルに可塑剤を加えてグラウトの粘性を瞬時に増大させ、可塑状に保つことにより、水に強く限定注入が可能な流出しにくい工法です。

    エアパック工法

    詳細はこちら